あしゅろぐ
アーシュさんのblog。略してあしゅろぐ。 マビノギの話題ばっかのはず。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーラー考察・スキル編

こんにちは。
アルビノキングスネークがアルビにいるキングスネークだってずっと思ってたのは僕だけでした。アーシュですorzorzorz
だってマビノギではアルビノよりアルビのが有名じゃないか

今日はちょっと真面目に戻ってヒーラー考察。

ヒーラーを名乗るからには、これだけは外せないスキル。それはヒーリング。

以上。終わり。
ってのもあんまりなのでもう少しだけ・・・。

でも、最低限度というのであればヒーリングだけあれば十分な気がします。ランクについては後でもう少し話すかも。

他に必要なのは、ヒーリングでは回復できない負傷を回復できる応急治療。
更に、ワンド修理費マナ諸々、馬鹿みたいに高コストだけどPTまとめて回復できるPTヒーリング。
ランクを上げれば上げるだけ尋常じゃなくなるマナ消費対策に、マジックマスタリー。

ヒーラーとして必要なのはコレくらいかなぁ。PTヒーリングは一度に回復できる回復量が微妙だし、そもそもヒーリングワンド使用しなきゃだしでロマンからは抜け出せませんね。ランク開放されれば別かもしれません。

薬草学、ポーション調合の二つは?という人もいるかもしれませんが、ヒーラー志望者憧れの先輩ヒーラー、ディリスさんだって持ってないので僕は必要とは思いません。
20060117193311.jpg
証拠写真

ね?いらないみたいでしょ?
単純に僕が取ってないだけですが
もちろん、取ろうとするのは自由だし、自分で必要だと思えば必要でしょう(ちなみに、僕の場合はそのとき既に調合師始めてた友達がいたので、リソースの奪い合いもあれだしなぁってことですっぱり切りました)。

で、まぁ。
結局はヒーラーにとって必要なスキルなんて、やっぱり人それぞれだと思います(ぇー。大事なのは、その人が「これが私の理想のヒーラー!」と胸をはって言えること、その目標に向かってスキルを上げること。
人によって理想のヒーラー像が違う以上、スキル振りも違ってきますからね(だから2キャラヒーラーだからって同じでは全然ないんですよ!偉い人にはそれが(以下略))。

なので、ここからは僕のキャラクターについての話。
1stのアーシュの目指すところは、前衛型ヒーラー。
ただ回復するだけではなく、前に出て自ら敵を引き受けて味方の受けるダメージを減らすことによって、PTへ貢献するタイプです。
20060120231837.jpg
参考までに、取得スキル一覧。

マビノギは普通のMMOとは違って、ただヒーリングだけしてればいいってほどPTでの役割分担が出来ないのが現実。そのため、自分の身を守ることはどんなキャラクターでも覚える必要があります。

アーシュは、自分の身を守り味方の被弾機会を減らすために、ディフェンスを選びました。ディフェンス5ランク以上の味方への防御上昇効果は微々たる物ですが、味方が食らうはずの攻撃を肩代わりしても死なないように、というコンセプトですね。ヒーラーエンチャントの効果でHPが上がることからも相性がいいのがポイントです。

他にはミル9ランクとIB9ランク。この二つは、共に準備時間が短くなるランクまであげました。
ミルは複数の敵にダメージを与えられる攻撃特化スキルというイメージが強いですが、その無敵時間の長さと複数の敵に狙われていてもダメージを受けずに済むという、防御にも優れた万能スキルです。万能で強いスキルの是非はともかく、アーシュは攻撃力よりも防御面での強さを買った上での数字ランクですね。
IBの方も、ミルと同じく。5チャージできて、遠くからでも足止めが出来ます。消費が上がるけれども準備時間も短くなる9ランク。それ以上は威力しか上がらないのでここまでで十分としました。LB5ランク以上なら同じ準備時間だそうですが、やっぱり5チャージできるという使い勝手の良さがありますからねー。

味方がダメージ受けそうなとき、ヒーリングを唱えるよりもIBで敵の攻撃を邪魔したり、ミルで敵を吹っ飛ばした方がいい、というのはヒーラーにとってはちょっと悲しいけれども。僕がヒーラーを目指した一番の理由は、味方を死なせないためにPTで役に立つキャラクターになりたかってことなので、ヒーリングに固執するよりも味方がダメージ受けないことの方が大事なのです(そこを突き詰めれば高ランク攻撃特化スキルで全部自分で倒しちゃうのがいいなんて意見は知らない)。

他には、超個人的ですがキャンプファイアも捨てがたいところねー。味方を回復させる、という点では昔は必須でしたが、最近はパラディン回復しちゃったりするので出番が減ってるけどorz

アーシュについてはこんなところかな。

肝心なヒールスキルの取得ランクについて。
基本的には、上げられるだけ上げればいい。けど、スキル使用変更によってヒーリングはとても使いづらいものになりました。それまでは上げれば上げるだけ消費マナが減っていたのが、逆に大幅に増えるように。
なので、ある程度取るランクに選択権が出ます。
まずはFランク。これはヒーラー以外でもほとんどの人が取っているでしょう。次は、消費が増える一歩手前のAランク。その次がランク開放手前の6ランク。そして憧れのヒーリングマスター1ランク!
マナ消費効率で言うと、こんな感じ?
ランク回復量消費マナ回復量/消費マナ
Fランク123.33
Eランク123.75
Dランク10163.12
Aランク13164.06
9ランク15203.75
6ランク21205.25
5ランク27284.82
4ランク29285.17
3ランク31324.84
2ランク33325.15
1ランク40405
消費マナ効率だけ考えるなら、6ランクが最高という結果に・・・TwT
とはいえ、デッドリーからの瞬間回復などはやはり回復量が大きい方がいいですから、その辺は人によるでしょう。やっぱりロマンもありますし。

何度も言うけど、ヒーラーとして最低限必要なのはヒーリングのみ。
あとは育てる人しだい、ってのがマビノギらしくていいと思います。
考察の意味ないですね
スポンサーサイト

テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

アーシュ

Author:アーシュ
マリーサーバ在住。
ヒーラー修行中。
ただし薬は作れない。

ここへのリンクはご自由に。
でもリンクしたとき、その報告をコメントとかでしてもらえると喜ぶかも。
さらにリンクし返しちゃうかも。
くちち、ひっかかったな!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。